• coco-cara

人見知りで、休憩時間などの会話が苦痛・・・

最終更新: 6月24日

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


【人見知りで人と一緒だと気まずい…】

休憩時間、帰りの電車の中、知り合いに会ってしまった。すぐ席を立ったり、離れてしまうのも感じ悪いし、でも何をしゃべっていいのか分からず、ちょっとした挨拶の後、無言になってしまい、気まずい…というようなことで困っていませんか?


手にしている缶コーヒーの文言をひたすら心の中で読み続け、気づいたら、前に座っていた知り合いがどっかに行ってた。

ホッとはするものの、もうちょっと気の利いた話ができたり、楽しく話ができればいいのにな~なんて思ったりしませんか。


【まずは、共通点を話題にする】

話題に困る人は、まず、その人との共通点を見つけてみましょう。

心理学的に「自分と似ている人に興味を持つ、好きになる」という法則がありますので、そこを利用していくんですね。

知り合いということは、その人とは全くの無関係な関係ではないので、何かしら共通点はあるはず。


また、その場のことでもいいんです。身に付けているものが似ていたり、缶コーヒーを飲んでいたり。

違うメーカーでも、「缶コーヒーを飲んでいる」という共通点も話題になります。

「それ、おいしいですか?」で一歩ふみこめます。

そうしたら意外と、同じように相手も話題を探しておられるようで、「いやいや、思ったより美味しくなくて…」とか、「普通だった」など反応があります。

こちらがコーヒーを飲んでいるのが分かってますから、お相手も安心してコーヒーの話ができるのです。(共通点というのはこうのような安心感をもたらす)


「どんなのか好きなんですか、スタバとか行きますか」など、ここくらいまでできたら、十分なスモールトーク完成です。

これで、その場を離れたとしても、「気まずい人」にはなりません。


【相手も気を遣ってるのではないか…と思うあなたへ】

「相手も気を遣って話しているのかもしれない…」と思われた優しいあなた。

自分が気を遣ってしまうのであれば、相手も気を遣って、たどたどしい雰囲気が出てしまうのも大いにあることですね。


でもそこは、気を遣ってもらいましょう!

そして、こちらも気を遣いましょう!


慣れない人とのお話するときは、始めはみんなお互い、気の遣い合いです。

「この話題大丈夫かな」なんていう思いは、お互い様です。

堂々と、気の遣った会話を始めてみましょ。

それがないと、おしゃべりのきっかけってないものです。

そしてだんだん、関係性を作っていって、気を遣わずにしゃべっていけるようになるんですね!


【ハードルを上げない】

しゃべるのが苦手で、という人は、初めから気心の知れた関係のような会話をしなきゃと思っておられるかもしれませんね。

ハードルを高く上げちゃっているのかも。


また、長い時間、盛り上がる話をしなきゃって思ったりもしているかもしれません。

先ほども出ていたように、「スモールトーク」だけでも十分会話している感じになります。

職場では、これくらいで十分ということもあったりします。

そして、お相手に「ウェルカム感」を求めている人もいるかもしれません。

これは、昔に傷ついた経験から来ていることが多いです。

「私に優しくしてちょうだい」という願望からきています。


様々な理由で人見知りをしてしまうことはあります。

もし、自分はこんな時に人見知りしてしまうんです、というようなお話があれば、気軽にプチ相談してみてくださいね。


#心理学 #日常生活の心理学 #職場・仕事の心理学 #人見知り #会話続かない #気を遣う

#話すことが苦手 #居心地が悪い #コミュニケーション


【関連記事】

苦手なことは人それぞれ…。人と会話がすることが苦手な人は今のご時世を利用して、楽な距離を取りながら話していく練習をしてみよう!


おしゃべりが苦手…”気楽になる”効果




友達が出来なくて悩んでいる人。

あなたは、どのような関係を望んでいますか?

人と会話する時に好かれる方法


友達ができない悩み



coco-cara ココカラ