• coco-cara

心の護美箱

「好きな事ブログ」を始めてまる2ヶ月になり、肩の力を抜いて書けるようにもなり、板についてきました。


やってみて思うことは、口に出して話したいことと、話さなくても自己完結ができるもの、があるんだということです。


そして、表現したいものを出すことで新しい視点が生まれるのも改めて分かりました。

そして、もう一度見直すと、よりぴったりした表現の言葉が見つかってきます。


カウンセリングでは、カウンセリング記録というのも残すことになります。

最近は、1回書いてみて、もう一度書き直す事にしました。

1度書いたカルテを見直すのみに留まるより、私の場合、時間を置いて書き直す方がより冷静に判断ができるからです。


カウンセリングは、同じことをしています。

心に溜まってごちゃ混ぜになってるものを、1度吐き出す。

空気が入ってきますから、自分の中でも、色々整理ができてくるんですね。

そして、悩みに対してどうすればいいか?っていうアイデアが自ずと出てくる。


クライエントさんが答えを見つけられると信じて、この流れをカウンセラーは作ります。


まず、ごちゃ混ぜになってるものを表現してみるのは、絶対オススメです。

京都とか、上品なところのゴミ箱には、「護美箱」と書かれてたりしますね。

心も、美しく保つためには、ゴミ箱が必要なんですね。






coco-cara ココカラ