• coco-cara

毎日全力投球していませんか。80の力で取り組んでみる

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。

毎日暑いですね。

私の親の世代は、「夜にエアコンなんかつけない、窓を開けて十分!」とよく言ってましたが、さすがに近年は観念したようです。

少し前までは、エアコン自体に抵抗してましたけど。。。(扇風機で過ごしていました)

もう、こんな気象状況になったら、やせ我慢にしか見えません。

「暑い、暑い」と言い、体力も暑さに取られてしまって、苦労しています。


知らない間に疲れる生活を送ってしまい、毎日クタクタになっておられませんか?

心身の調子を整えて、どのようにしたら快適に動けるかを考えてみましょう。



【まず、自分のバイオリズムを知る】

常に快適に動けるようになるには、しっかり自分の調子を知ることが、とても大切です。


人はずっと同じかというと違っていて(バイオリズム)、健康な時でも、日や時間帯によって、調子が変わります。

朝起きた時と、ご飯を食べた後を比較しても、自分では気づかない変化があり、それを常時繰り返しています。


病気ではないときでも、いつも元気いっぱいとは限りません。

女性の場合は、生理の前後など、病気ではないけども心身に影響がきています。

疲れやすくなったり、気分が落ち込みやすかったり…は、誰でも経験あるのではないでしょうか。PMSといわれるものです。


このバイオリズムは、個人よって全く違うので、他人と比較することはできません。

他の人が弱い(強い)ところと、あなたの弱い(強い)ところは違うのです。



【自分の状態を知るメリット】

自分の状態をしっかり把握することにより、楽に生活を過ごせるようになります。

「私は、朝起きた時に機嫌が悪くなりやすいな、だるさを感じるな」など、自分のことが分かることで、気分良く過ごせる対処の方法が見つかります。


例えば、私は、朝のテンションが低めなんですね。

母は、起きた時からテンションが普通なんです。(そういう人、うらやましいです。)

よく昔あったのは、テンションが普通の母は、朝から明るめのテレビ番組を見ていて、楽しんでいます。

テンション低い私は、その明るさについていけず、イライラ。

時間がたち、テンションが落ち着いてくると、その番組も面白いな、と思えるのですが、どうも起きたては「うるさいなあ」と、思っちゃう。

昔は、「朝から明るくしなきゃ」と思って無理やり同じのを見てましたけど、やはり自分には嫌な気持ちにしかならず、楽しくない。


そんな自分に気づいたとき、「私は、起きたては明るいのが無理なんだ」と割り切り、NHKのニュースを、しかも消音(音無し)で見るようになりました。

見ないのが一番いいのですが、時間や情報なども知りたい部分もあり、つける時はNHK。

そしたら、グッと朝の気持ちが楽になり、イライラが減りました。



【通常モードは80の力を出す】

自分のコンディションやバイオリズムが分かってきたら、コントロールの仕方です。


気づいていない人も意外と多いことですが、毎日を特に問題なく、普通に過ごすためには、100パーセントの力でずっと動いていてはいけません。

人にとって「毎日、全力投球!」は、長期で見ると、しんどすぎるのです。


仕事だと、通常モード以外に、大切な会議やイベント、試験。

学生さんでも、通常の授業以外に、試験やクラブの試合、イベント。

家庭の中でも、普通の日と、イベントの多い月や、苦手なことをしなければいけない日。

・・・などなど、「通常モード」とは違う、エネルギーをたくさん使わなければいけない勝負の日ってありますよね。


普通の日に全力投球をしていたら、大きなエネルギーを使わないといけない日は、それ以上を出さなければいけません。

それは無理ですし、そうしようと思って、心身ともに疲労が出てしまう。

これは間違ったやり方ですね。

普通の日は平均80くらいの力の出し具合にして、100の力を出さないといけない時のために余力を残しておくべきです。


「え、そうなの?!」「毎日、元気いっぱいにしないといけないよ!」「80の力なんて、、、自分が落ちていきそう」と思われたあなた。

あなたの中には、「駆り立てるもの」という禁止令が入っているかもしれません。

禁止令「駆り立てるもの」についてはこちら


また、中には周りと比較して、「私もこれくらい出さないと」と思ってキャパオーバーをしてしまう人もいるかもしれません。

これは自他ともに、しんどくなるやり方です。

周りとの比較ではなく、自分の80(100でもいいです)を知り、足りない部分は、協力を仰ぐ勇気です。


逆に自分の中で、60の取り組みをしているな…という時だったら、少し頑張る。

自分の中の、平均80を目指します。



【80以上の取り組みをした日は、エネルギーチャージを】

そして、常にの80の力で動けるように、90を出した日は、エネルギーの消耗も多くなっています。

早く寝るとか、ストレスを発散するとか、減った分を、先にしっかり補充する癖をつけていきましょう。

ゲームで例えると、RPGのエネルギーの補給の部分ですね。

対戦相手の手下たちを倒すときは、少ないエネルギーの時でもいけますが、ラスボスを倒す時は、エネルギーを満タンにして挑みますよね。


80の力の出し方で、しっかり取り組んでいたら、だんだんその80の「力の大きさ」は大きくなってくるので、安心してください。

RPGでいうと、レベルアップの部分です。



【まとめ】

力の出し具合、無理していませんか?

自分では気づかないうちに、常に100の力を出してしまう方は多いです。

そして、クタクタになる。


毎日が疲れるな…と思われていたら、まず、自分の状態を知り、自分に合わせた80の力で生活を送ってみてください。

そして、いざというときに100の力を出す。

そして、80の基礎力を高めることを目指してみましょう。


#日常生活の心理学 #職場・仕事の心理学 #力の出し加減 #全力投球



最新心理学ブログはこちらです



~お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください~

HP:こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara https://www.cococarawarm.com

coco-cara ココカラ