• coco-cara

【初心者セラピストさん向け】疲れないためのチェックポイント

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


ボディカウンセリングマッサージセミナー2日目でした。

背面(背中・脚)を学んでいただきました。

前回も書きましたが、今回の生徒さんは飲み込みが早く、スイスイと手技をこなしておられました。素晴らしいです。


マッサージやトリートメントをされている方にしては、要のことだと思いますが、マッサージをするにあたり、やはり施術する自分(セラピスト)のポジションを整える事が大事ですね。

セッション後にぐったり・・・からの脱却。

セラピスト自身が知らない間に行っていて、しんどくなってしまうポイントなどがありますので、チェックポイントをご紹介します。



【姿勢は楽な姿勢で】

姿勢は、クライエントに対しても、自分自身に対しても影響があります。

セラピスト自身が苦しい姿勢では、1時間のセッションは持ちません。

「クライエントも快、セラピストも快」の状態を目指します。


まず、足は常に肩幅に開き、どっしり構えます。

グラウディングといい、床から体にエネルギーを取り込むイメージで、ぶれない姿勢をとります。

肩幅より狭い開き具合になると、手技中の対応に力が入らず、フラフラしてしまいます。

クライエントの体に近づくときは、膝の曲げ伸ばしで上下されていますでしょうか。

腰を曲げてしまうと、腰を痛めてしまうので、必ず膝を使ってくださいね。


練習後、腰が痛くなるか、脚が筋肉痛になるかで、良い姿勢がとれているか悪い姿勢なのかが分かります。

脚が筋肉痛になるのが正解ですね。(経験につれ、筋肉痛は無くなります)


腕を上げた時、プルプル震えることのないよう、腹筋(丹田に力を入れて)を使って体に軸を作るイメージ。

ふだんより、体幹を鍛える訓練も必要です。

プランクや腹筋、腕立て伏せなどで筋力もつけていきましょう。



【力の入れ具合、基本は抜いている】

練習をしているとき、受けている側から「もっと力を入れても大丈夫よ」という指摘を受け、力加減が分からず常時力を入れてしまい、セラピストの方が疲れてしまう、ということがよくあります。


基本的には、セラピストは力を抜いての施術です。

肩、肘、体全体に力が入っていませんか?

呼吸は深くできているでしょうか。止めていませんか?


その状態で、まずは包み込むように撫でるイメージ。

そして、コリがあるところや、筋肉が分厚い箇所のみ、「セラピストの体重を乗せて」力を入れます。

腕の力や、指先の力だけでコリをほぐしたり、力を入れようとすると、負荷がかかり疲れます。

体全体を使い、自分の体重をかけて力をいれます。


あと、どこまで力を乗せるかということで迷われることが多いようです。

コリを感じた時は、コリにジワーッっと浸透するように、ゆっくり入れます。

動きが早いと、クライエントは痛みを感じ、力が入ってしまいますので、逆効果。

ゆっくりじわじわほぐしていきます。

本当に自分が思っている以上にゆっくりで。カタツムリの速度くらいで動いてくださいね。


太ももの筋肉が分厚いところの力の入れ具合の目安は、骨に到達するイメージです。(実際は到達はしませんが)

ここもゆっくり、幅広く奥深く浸透するイメージでいきましょう。


力を入れるべきところをゆっくりすることを意識するだけで、マッサージにもメリハリができ、クライエントの満足にもつながります。



本日は、初心者のセラピストが迷いがちな「セラピストが疲れないためのチェックポイント」をご案内しました。

もし、何かご質問などありましたら、遠慮なくご相談やお問い合わせくださいませ。



#心と体について #ボディカウンセリングマッサージ #セミナー #セラピスト

#疲れる #力の入れ具合



最新心理学ブログはこちらです。



【関連記事】

体と心のつながりを研究した、心理学者アレキサンダーローエンのよるバイオエナジティクス。

その中の「性格学」を知ると、セラピーの幅も広がるかもしれません。

性格学(バイオエナジティクス)の5つの体型パターン


ボディカウンセリングマッサージセミナー1日目のリポートです。

マッサージを学ぶことが、自分との向き合いになる?!これが本当の成長!

体を知ることで、自分の心と向き合える











coco-cara ココカラ