• coco-cara

他人との共生

更新日:5月2日

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


花と蝶

今年もいよいよ、残り僅かですね。


年末年始は、どのようにお過ごしでしょうか。

ゆっくり家で日ごろの疲れを癒したり、アクティブに外に出て遊んだり。


年末年始も仕事です…という方もいらっしゃるでしょうね。

皆が楽しんでいる時に働いてくださってる方には、感謝しかありません。



【他人との共生】

心理学は、個人の心理を掘り下げていく事が主な作業になりますが、心理を学んでいくと、必ず「他人との共生」というテーマにぶち当たります。


自分が分かるから、他人が分かる。

他人がいるから、自分がいる。

人として生まれて来たからには、避けて通れないことだと、改めて気づかされます。


人の悩みの大半が、「対人関係」です。

人が全てにおいて、本当の意味で自分一人で生きていけるとするなら、きっと悩みって起きないんだろう、と思います。


自分だけで考えて、自分だけで生活をする、自分の思い通りの事だけが起きている世界。

これだったら、気持ちを害することなく、楽しいことだらけでしょうね。


「私は、人と関わらず、生活したいです。人と関わったら傷つけられるし、怖いから」と思ってしまうくらい、傷ついている人もいます。

でも、それは、人として生きているなら、残念ながら難しい事です。。。


「私は、一人でやっていってるんだ!できるんだ!!」と言う人もいますが、気づいていないだけで、人の関わりの中で生きているんですね。

”知り合い”を作っていないだけで、”他人という人”には必ず接しています。

自分が家にいてるだけで、直接は知らなくても、家に関係する人と関わっています。


もし、自分が楽しいだけで過ごしていると感じているなら、周りの人が頑張って、その人に合わせて動いてくれているのかもしれません。



【裏では他人が動いてくれている】

ガソリン代が高くなったことで、車を乗らない人は関係ない、ということはありません。

車で物を運ぶ仕事に影響が出て、自分が購入するもの、生活するものに影響が起きてしまうことになります。

直接かかわっているものに囚われてしまう人も多いのですが、隠れたところで自分に影響してきます。

これは、人間関係でも同じです。


「人は、常に意思を持った他人に関わっている」ということ。

当たり前なんですけど、口に出して習うことってないですよね。

これは、成長過程の中で、親御さんの態度を見て、知らない間に身につけていくものです。


自分が一人の人として、大切に扱ってもらえているから、他人が同じように存在する、と感じていけるようになるのかもしれません。

自分は、感情を持って、自分で考えて生活しています。

人も、同じように生きています。


これを、「愛」と言う人もいれば、「思いやり」と言うこともあります。

人によって、言葉や捉え方は違うけども、自分が楽しんでいる事の裏には、色んな他人が動いていることを、時には意識してみるのもいいかもしれません。




最新心理学ブログはこちらです。



☆お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

★近くで悩んでいる人がおられたら、カウンセリングという世界をお伝えください。

その一言が「一人じゃないよ」のメッセージになります。

 

 

こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara (HP) https://www.cococarawarm.com



今すぐ気持ちを聴いてもらいたい方(外部HP:https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/