苦手な人との人間関係に悩んでいる人へ【転職・別れ・離婚】

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


会社で意見が合わない人がいる。

ママ友の中で嫌いな人がいる。

夫・妻(恋人)と上手くいっていない。


・・・そんな人間関係のモヤモヤした気持ちの中で、今過ごしていませんか。


「もう、会社辞めようかな」

「あのママ友の集まりには、距離を置こうかな」

「別れようかな」

一瞬よぎる思いが、だんだん膨らんでいく。


その反面、

「会社を辞めたところで、何か変わるだろうか」

「子どもの事を考えると、ママ友とも仲良くした方がいいかな」

「別れてしまっていいのかな」

という思いも混在する。

でも、気持ちはしんどい。

グルグル悪循環になってしまっている状態ですね。


今の風潮として、「自分が楽になる生き方」ということが広く浸透しつつあります。

これは、「個人の幸せがまず優先」ということで、心理カウンセリングでも推奨する考え方です。

しかし、嫌な気持ちになると、一気に「転職(退職)」「縁を切る」「離婚」という選択肢を選ぶ流れが、今、多いような気がします。

ここは、(ケースバイケースですが)心理カウンセリング的には少し違うのです。


実は「苦手な人との人間関係に向き合う手順」というのがあり、私も心理学を学んで、初めて知ったことでした。



【環境操作は一番最後の手段】

苦手な人との、またパートナーなどの人間関係が上手くいかなかった時の手段として、「転職(退職)」「縁を切る」「離婚」があります。

この、「離れる」という手段は、一番最後に取るべきこととされています。

この手段は、その時はとても楽になり、手っ取り早い方法です。

でも手順を踏まずにこれをしてしまうと、「後悔」「心残り」「同じことの繰り返し」という要素が生まれてしまうんです。


・「後悔」「心残り」…離れた後に、しこりが残る。何かの拍子に昔の恋人と比較したり、思い出してしまったりする。

・「同じことの繰り返し」…自分の根本となる原因を見つけることが出来ないまま、環境だけが変わっている状態。同じようなシチュエーションや対象物への対応が学習できない。


(精神的苦痛が続き、身動きが取れない状態、または一方的な痛みを加えられている、などの場合は、早急な手立てや別離が必要です。)



【苦手な人との向き合い方の手順】

①から順番に行う7つの工程があります。


①相手の話(意見)を聞いてみる(アクティブリスニング)

②相手の話を聞きつつ、自分の意見も言う(アクティブリスニング+Iメッセージ)

③お互いの意見の良いところを合わせる(勝負無し法・Win-Win)

④自分が良いと思うことを示す

⑤相手が意見を聞いてきたら、相手が分かるように伝え、複数の提案をする。決断は相手がする。

⑥自分が変わる

⑦環境操作(転職、引っ越し、離婚)


なんと、環境操作(転職、離婚)の前に7つも工程があるんです。

逆に言うと、6つも「やり直せる方法」があるということです。

この⑦までの6つの工程の中で、苦手な相手との関係性が変わり、会社を辞めたり、パートナーと別れることなしに、気持ちが楽になるのを目指します。


最悪、⑦の環境操作まで行ったとしても、やることはやったという納得感が得られることで、「後悔」「心残り」は無いですし、自分も成長していますから、次の環境のところでは新たな自分で対応できるため、「同じことの繰り返し」は起こらないのです。


恋人同士の例を取って、ご紹介します。



【例:恋人とすれ違いばかりのA子さん】

A子さんは、彼氏が仕事が忙しく、会う日も少なくて、すれ違いばかり。

寂しくて、もっと一緒にいたい。こんな状態では、もう別れも考えてしまう。彼が仕事で頑張ってるのが分かるから我慢していたけど、今回は、2か月も会えなくて、爆発しそうです。


こんな時、よくとってしまうのは、「なんで、会ってくれないの?!ちょっとは私の事も考えてよ!」「私の事嫌いになったの?!」などのように言っちゃうこと。

そして彼氏は、「仕事なのに、なんでそう言うんだよ、分かるだろ!」売り言葉に買い言葉です。

感情に任せて「私の事を分かって」とお互いに言い合っていては、建設的ではありません。