• coco-cara

高校生のお悩み【好きな人への告白について】

更新日:1月28日

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


来月はバレンタインデー。毎年この時期は「恋愛の心理ブログ」が多くなります。

皆さんは、いかがですか、バレンタインデー意識されていますか?


恋愛相談では(心をニュートラルに、と思いつつも)本命さんと上手くいって幸せになって欲しいなあ、という気持ちでお話をお聞きしています。



【高校生の恋】

最近の高校生の恋愛のお悩みをみていると・・・・。

時代も変わったなあ…と思うことも、たくさんありますが、基本的には、今の学生さんの恋愛事情も、私の学生時代(数十年前ですけども)と、気持ちの面では、あまり変わりませんね。

昔でも、大人顔負けな、がっつり恋愛をしていた人もいましたし、ピュアな人は今の時代でも、たくさんいます。


でも最近、学生~若い世代の人で、恋自体をしていない人が多い傾向は感じます。

「好きな人を作らない」という選択肢をあえて選ぶ人ですね。

昔は「硬派」という言葉がありましたけど(もう、死語ですね)、それとは少し違って、勉強や部活に全集中するためだそうです。


私の時なんか、みんな好きな人だけはいて、友達同士では、その話ばっかりでした。

全然話したことも無い、他のクラスの男子や、かっこいい先輩ってだけで好きになっていました。

ほんと、”アイドルにガチ恋状態”を楽しんでいたわけです。


そんな経験と失恋をも繰り返し、大人の恋愛に進んでいくわけですけどね。。。


今も昔も、恋愛相談といえば、「好きな人と恋人になりたいけど、告白できない問題」。

「告白」って、なんとドキドキするイベントでしょうか!

告白に対する思いについては、人それぞれですので、とても複雑で一概に言えませんけども、数個、パターンを振り返ってみましょう。



【振られるのが怖い!】

告白って、成功したら天国、失敗したら地獄。学校が一緒だったりすると、なおさら悲劇に感じます。

気まずい、ギクシャクするのではないか。。。という不安。

それを想像したら、今のまま、現状維持でいいか、と。

いや、現状維持がベストなんだもん、とまで思ってしまいます。


でも、やっぱり好きな人の事を独り占めにしたいし、私の事を特別に思ってもらいたい、傍にいて欲しい、という願望も当たり前にわいてくることですね。


その両方の気持ちがぶつかり、いったりきたり。どうしたらいいの~と、悩みます。


そんな遠慮気味な人でも、好きな気持ちが高まり、告白したい!と思う時があります。

でも不安を感じているので、「告白はするけど、本気で好きだと見せないでおこう」という、気持ちを割り引いたアプローチをしたりもします。

例えば「みんなも彼氏できてるし」とか、「言わないより言う方が良い」とか理由付けたりして、ぞっこん(これも死語)ではありません、というフリ。


これは本気モードでぶつかって、地獄に落とされるのが怖いから、というのが奥にあり、「合理化」といわれるものになります。


最後には、「告白したいと思わないのは、本気で好きじゃないからかも」とか。

素直になれません。


(私の事では、と思った方・・・。あなただけではありません。たくさんおられます。)


本当に、振られることって怖いですよね。

だって、先が無いのですから。傷つきたくない。

「振られるのが怖いから、絶対確定でないと告白しない」という素直な意見の人もいます。


振られて傷つくイメージの方が、告白して上手くいって幸せになるイメージより勝ってしまう人。

この怖さについては、私も身に染みるくらい分かる気持ちなのですが、心理学的には、上手くいきにくいタイプとなってきます。



【告白が上手くいく人】

告白が上手くいく人は、(極端に言えば、)上手くいく事しか考えていません。

振られることは頭になくて、相手と上手くいくにはどうしたらいいのか、としか考えていません。

好きな人と幸せになるには、どうすればいいか、という思考です。

その人からすると、「振られるのが怖い」と言っている人を見ると、「なんで、振られることを先に考えるの?」ってなもんでしょうね。

メンタル強すぎ~っと思いますが、この方が正しいのです。


もちろん、恋愛はお相手があってのことだし、100%成功するかというと、そうではないでしょうが、上手くいく事の方が多いでしょう。


余談になりますが、やっぱり、モテる人は、モテる行動を忠実にしているもんだな~、と思います。(嫌われない行動、ではなく←ここ大事)

そりゃモテるでしょ、と同性でも納得できます。



【行動力はあるがネガティブな人】

1番目、「振られるのが怖くて告白できない人」

2番目、「上手くいく事を考えられる人」


3番目のご紹介で、難しい人がいます。

「ネガティブな行動力のある人」です。

今回の言うネガティブというのは、嫌われたくない、という思いの事で、本人が気づいていないこともあります。


この人は、行動力があり、自分でも積極的だと分かっています。

なので告白はできますが、奥に「嫌われたくない、振られたくない」という思いがあるので、常に相手の顔色を見てしまい、どこかでタイミングがずれる行動になってしまいます。

そして、上手くいかなくて、「やっぱり私が行動しても上手くいかないんだ」と自信を無くす積み重ねが起きてしまう。

恋愛以外でも学校とか職場とか、こういうサイクルになってしまっている人は多いですね。


このタイプの人は、ネガティブになっている部分に向き合い、顔色をうかがうことなく自分の意思を大切にすることで上手くいくようになってきます。

行動力がある、という立派な特性を活かすためにも、そこを意識付けしていくのもいいかもしれません。

(言葉では簡単に言っておりますが、自分への向き合いは、なかなか難しいことではあります。でも取り組む価値はあることです。)



この3パターン以外にも、告白に対するスタンスは、人によって様々。

あなたは、どんな思いがありますか。


バレンタインデーは、基本的には女性から男性への告白ですが、それ以外の日では、女の子は特に「男性に言って欲しい」という願望があって、好きだけど、自分から告白したくないと思う人も多いようです。

女心、、、ですね。(男子、頑張って!)


バレンタインデーに頑張る女子は、ドキドキしながらでも、お相手が嬉しくなる事をイメージして、話しかけていってくださいね(^^)

その気持ちが伝わりますように



I love you








最新心理学ブログはこちらです。

☆お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

★近くで悩んでいる人がおられたら、カウンセリングという世界をお伝えください。

その一言が「一人じゃないよ」のメッセージになります。

 

 

こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara (HP) https://www.cococarawarm.com



今すぐ気持ちを聴いてもらいたい方(外部HP:https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/)