プレゼントをすればするほど好きになる

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


バレンタインデー

もうすぐ、バレンタインデーですね。

今は、年齢関係なく男女ともにバレンタインデーに対する意識が下がっている、と聞きます。

女性が「義理チョコはお金がもったいない」とか、男性が「お返しもしないといけないし、面倒だ」という話を聞くと、少し寂しい気もします。

(渡す本命の人がいない・・・というのも寂しいものですが・・・。)



【プレゼントをあげる幸福度】

バレンタインデーなどのプレゼント、これらはもらう側と、あげる側、どちらが幸福度が高くなると思いますか?

もらう方が嬉しいから幸せに感じるんじゃ…と思うかもしれませんが、心理学的には、あげる側の方が幸福度が高くなるのだそうです。


まず、プレゼントをあげて喜ぶ顔を見れる…っていうのは、嬉しい気持ちになり、幸福感を得られますね。


そして次に、「プレゼントをもらう方より、あげる方が、”好きな気持ち”が強くなる」という心理があるんです。

もし「好きな人にたくさんプレゼントをあげたら、自分のことを好きになってもらえるのでは…」と思ってしまってる人には、残念・・・。

もちろんお相手に喜ばれるのは間違いありませんが、それ以上に自分がどんどん相手の事を好きになっていってる状態なのです。


貰う方は、もらったその時一瞬の喜び。

あげる側は、下見をしたり探したり、「これがいいかな?好きなものはどれだろう?」など、「相手を思うこと」に時間などをかけていますね。

人は、好きな相手の事を思う時間が長ければ長いほど、好きな気持ちが強くなるんです。

(ちなみに、嫌いな人の事も、考えれば考えるほど嫌いな気持ちが強くなるので、嫌いな人の事は放っておくのが一番です。)


私が学生の時は、おまじないで、「好きな人の事を考えながら、その人の名前を100回緑のペンで書くと両想いになれる」というのがありましたが(古い?)、思いを込めて時間をかけて名前を書くことにより、自分の「好きの無意識」を高めている、ということをしているのです。

自分で、もっともっと好きになっていってるのですね。

無意識と行動は繋がっていますから、どんどん両想いになるための行動をしていくようになっていき、その結果、両想いになる、というのですね。


(*プレゼントをあげる方が好きになっていく、という心理のからくりは、他にも色々な理由がありますので、またの機会にお話します。)



【まとめ】

恋愛にかぎらず、人に好意を持つこと自体が倖せなことだと思いませんか。

プレゼントする側の方が幸福度が高くなる、というのは分かりますね。


好きな人がいるあなたは、似たような心理で「目にした分だけ気になる存在になる」というのもありますので、何かにつけて、その人の視界に入るようにしていきましょう。


「恥ずかしいから、義理チョコを配る中に、本命を紛れ込ませておく」というピュアな人も中にはいらっしゃいます。なんと可愛らしい!

バレンタインデーを楽しんでいただきたいと思います!



#恋愛の心理学 #日常生活の心理学 #バレンタインデー #あげる



最新心理学ブログはこちらです



☆お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

★近くで悩んでいる人がいたら、カウンセリングという世界を教えてあげてください。その一言が「一人じゃないよ」のメッセージになります★

HP:こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara https://www.cococarawarm.com