ワクチン接種に行ってきました。

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


発熱

先週は、自分のセラピーとトレーニングのために、ゲシュタルト系のアートワークショップに参加をしてきました。とても勉強になりました。

また、整理をして、レポートとしてお伝えしようと思います。


さて今日は、心理学ブログから離れ、先日行ってきました、コロナワクチン接種の体験話です。


ワークショップ後すぐ、ワクチン2回目の接種をうけました。

接種自体は、予約も接種会場の中も、全てスムーズにしていただけて、良かったです。


受けるにあたり、みんなが怖いのが副反応ですよね。

私も怖かったです。

あふれる情報、先に受けられた方の話を聞くと、「かなり副反応への準備・対策をしておかなければいけないんだな・・」と思っていました。

(以下、私の体験を記載しておりますが、個人的体験と感想ですので、ご了承ください。)


1回目の接種に関しては、やはり副反応もほとんどなく、眠気が強いくらい。

夜はよく眠れ、逆に元気になったような気がしました。

腕の痛みは、ほんのり。


2回目の接種。

対応ができないかもしれないので、翌日は、休日にさせてもらいました。

結果的に、休日にさせてもらって正解でした。

情報通り、発熱と関節の痛み、筋肉の痛みが来ました。

頭痛は無かったので、反応は本当に人それぞれなんですね。


一回目と対照的に、症状の出方が早い。

接種後6時間以内に、腕が上がらなくなり、すぐさま悪寒への流れ。


発熱に関しては、思っていたよりは辛く感じなかったのですが、筋肉の痛みというのが初めての経験で、とても辛かったです。

できものが出来ている時に触れたら痛い、そんな痛みが体中におこっていました。

身体に何かが触れている部分が痛いので、寝ていることがつらくなってきて、起き上がっている方が楽でした。

肌の表面が、やわやわ(柔らかい感じ)で、一皮ないみたいに敏感になっている感じがして、「脱皮したてのカエルとか、ザリガニとか、こんな感じなのかな。きっと表面が固くなるまで痛いんだろうな」と、勝手にザリガニの気持ちになっていました。


敏感になっているのは、体だけでなく、(私は)嗅覚味覚が強くなっているのに驚きでした。

部屋に置いてあった花の香りが強すぎたり、味が濃く感じて、おなか減っているのに食べにくいとか。

この辺は、風邪やコロナにかかっているのとは逆なんだなあ、と、ぼんやりした頭で思っていました。


強い筋肉の痛みは、接種後1日で緩和。


熱は、解熱剤が役に立ちました。

もちろん、一定期間(私の場合36時間くらい)は、解熱剤を飲んでも平熱にはなりませんし、薬が切れたら上がっては来るのですが、少しでも下がっている時に、ご飯を食べたり普通のことが出来るから、助かりました。

風邪じゃないので、はなが出たり、咳が出たりしないので、いつもは熱とセットになっているものが無く、不思議な感じ。

はなや咳が無いだけで、楽さが大分違うものですね。


「一緒に居てた会場の人達も今頃は、同じなんだろうなあ。あれだけの人数の人が今、熱出てるって不思議だな」と思っていました(症状出てること前提になっておりますが)。

振り返ってみると、熱でぼんやりしている頭で、変な事ばっかり考えているものですね。


そして、接種後一日半くらいして、平熱になり、仕事にでかけました。

でも、その日中は、ぼんやりしていましたし、また熱が出たり下がったりの繰り返し。


私の場合は、接種後1日半で動けるようになり、頭がスッキリして完治までに丸3日でした。

「副反応は、数日で緩和されます」という情報通りの流れでした。


皆が初めて経験する「副反応」。

周りでも、症状が全く出ていない人もたくさんいらっしゃいます。羨ましい限りです。

新型コロナウイルスには、絶対かかりたくない、と実感した副反応体験でした。




最新心理学ブログはこちらです