• coco-cara

寝相で今のストレス度合が分かる

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


今日起きた時の寝相はどんなだったか、覚えていますか?

私は今日、朝起きてビックリしました。

寝始めと、頭と足が上下逆になっていました。

いつの間に入れ違ったんだろう、と驚きました。

寝相は、今の心理状況や性格が表れているそうです。

今日は寝相の意味を紹介します。



【大の字に寝ている】

朝起きた時、仰向きに大の字になっているとき。

「王様の寝相」です。

これは、精神的に安定しており、ストレス度は比較的ない時です。

不安だと、大の字は出来づらいですよね。

おなかを見せているのは、状況に安心している証拠です。



【丸まっている(エビ寝)・うつぶせ寝】

丸まって寝ているのは、甘えたい時。

膝を折って、膝を抱えるくらい丸まっているのは、全てを包み込まれたい気持ち。

「赤ちゃん(胎児)の形」なんですね。

また、うつ伏せは、おなかと胸が何かに接していないと不安に感じているから。

心が弱っているのかも?

また、性格的に甘え下手な人のお決まりの寝相ともいえます。

甘えられる人に話を聞いてもらいましょう!


【手首、足首を交差させる】

自分の手首同士、足首同士を交差させているとき。

私も自然となっている時あります。苦しそうに見えますが、この体勢が楽に感じるんです。

でも、この寝相はストレスが溜まっている時。

実は、これは「囚人の体勢」といわれ、逃げられない、自由がないなどの苦しさを感じているのを表しているんです。(手錠、足錠を表す)

ストレス発散を積極的に行いましょう。



【極端に体を移動させている】

では、今朝の私のように、上下逆になっている寝相です。

上下逆に寝てしまっているのは、元気だから、という意味もあるのですが、

かなりの強度のストレスが溜まってる時でもあります。

今の自分への振り返りと感じていただいて、どちらかを判断してみてください。

私は、体をたくさん動かして疲れていたので、ストレスの方だと思います。



【じっとしている】

夜から朝まで、ジッとしているのも、血流が滞るそうで、あんまりよくないのだとか。

程よく、コロコロと寝返りをするのが、良い睡眠がとれ、ストレスもたまっていない状態といえるようです。



睡眠時間は、「無意識の世界」

日中に経験した心と体の調整をしている大事な時間です。

その時に出る、自然と出る体からのサインを見逃さず、早めにストレスを発散させてくださいね。



#日常生活の心理学 #寝相 #ストレス #性格 #ストレス発散



最新心理学ブログはこちらです。



~お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください~

HP:こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara https://cococarawarm.com




coco-cara ココカラ