• coco-cara

クライエントさんの変化について

こんにちは。カウンセラールームcoco-caraです。

きょうは、クライエントさんの変化についてのお話です。


クライエントさんは、カウンセリング当初は、見た目、雰囲気、空気までも重く感じるのですが、ある時から急に、見た目も軽く、一緒にいてる空気までも軽く感じるようになることがあります。

それとか、今までは「後ろ向きだな」という雰囲気が急に、「前を向いてるな」とか。


意外と、それは急に来ることが多いです。

何回かカウンセリングの回数を重ねられ、次の予定が合わなかったりして、少し間が開いた後のカウンセリングで起こることが多いような感じがします。

こうなると、この「予定が合わない」「少し間が開いてしまう」ということも、必然なのではないかと思えてくるのです。


だんだん、クライエントさんの心の準備が出来てこられているからですね。

少しずつ、強くなってきている。

そして、この空白の時期に、自分の力で何かを進めようとして頑張っておられるのです。

そして、頑張っている自分に自信をつけて、次のカウンセリングに来られたときに、私が気づく、という感じでしょうか。


ご本人は気づかれていないことが多いのですが、実際に、発言や飲み込みの早さが変わってきています。

「すごい、何かあったの?!」と思い、それをフィードバックしてお伝えしますが、「え!自分では分かってません」とおっしゃいます。

変化というのは、他人は気づくけども、ご本人は分かっていないことの方が多く、その時の方が本物です。

「自分は変わりました!」と思われている時は、本物になる前という感じがします。

でも、最初の重さからは変わっておられます。


カウンセリング後の、カウンセラー側の感じ方(軽さや重さ)もだんだん、変わってきます。

良い循環が生まれてるんだな、と思います。


人は変われるんです。

クライエントさんの、努力の成果です!



#日常生活の心理学 #クライエントの変化 



最新心理学ブログはこちらです



~お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください~

HP:こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara https://www.cococarawarm.com




coco-cara ココカラ