• coco-cara

「好き」の伝え方

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。

来週のバレンタインデーまでのこの3週間、恋愛に特化した内容になっております。

本日は、告白タイムについての心理学です。


好きな異性。寝ても覚めてもその人の事ばかり考えてしまう、その人と恋人になりたい!と心が決まったら、その気持ちを伝える段階ですね。


今より一歩踏み込んだ関係性になり、楽しい時間を過ごせる入口です!



【おしゃれは大事】

やはり、告白で上手くいきやすくするためにも、オシャレは大事だと言われています。


私個人としては、あまり見かけは気にしない方なんですが、そのような私でも、やはりオシャレな人と話をしていると、気持ち良く過ごしている気分になっています。

オシャレ好きの人であれば、なおさら気になるでしょう。


以前のブログにも書きましたが、告白で効果を上げる一つとして、「相手を気持ち良い環境にすること」につながってくるのだと思います。

「小汚いな」と思われながら告白するより、「きれいにしているな」と思われている方が良いのは、一目瞭然ですね。


別に、ブランド物を身につけた方が良いというわけではなく、女性だったら、より綺麗な、より可愛いな、より女性らしいな、などいつもより、オシャレにするだけで良いと思います。

男性は、清潔感ですよね。女性は清潔感を重要視します。


相手に見せる印象だけでなく、自身をキチンとすることによって、自信を持つことが出来るし、「どうみられるだろう?」という余計な不安を持つことなく集中できます。

ちゃんと客観的にアドバイスしてくれるお友達などに、「今日の私のスタイルはどう?」と相談してみてください!


前々回でも言いましたように、告白は、成功か失敗で天国と地獄の差。

ここまで気を遣ってチャレンジすべきこと。



【好意を伝えると、相手も好意を持つ】

オシャレに気合を入れるなんて、気恥ずかしい…など言っている場合ではありません。

顔見知りへの告白ならなおさら、「いつもと違う感」を出すことで、自分の本気度が見えます。


え~、本気度が高いって、引かれませんか?と思うかもしれません。

自然体で上手くいきたい…という声が聞こえてきそうです。


でも、逆の立場だったら、「流れで適当に言われる」印象と「しっかりちゃんとしてくれる」という印象だったら、どう感じるでしょうか。

前者は、上手くいけば、とても素敵な感じですが、そうそう上手くいくものではありません。(前者が上手くいくのは、慣れている人だと思います…)


そして、真剣に伝えていると、少しずつでも相手の心に残っていくものです。

心理学的にも、「好きだ」と言われると、「何とも思ってない人」から「良い人かもしれない」と好意に変わる、というのは有名なところです。

これは、顔の良し悪しなど外見は関係ありません。


恋愛に限ったことではなく、自分の事を好いてくれる人の事は、何となく好きになりませんか。

それと同じで、自分の気持ちは自分に返ってくるのです。

異性であれば、恋愛感情に変わることも普通に起きる事です。


これは、意図を持ってのテクニックではなく、自分の真剣な気持ちがあるからこそ、それが伝わっての相手の変化と思ってくださいね。

そして何より、「好きだ」と相手に伝えることに意味があります。



【あきらめない心】

告白したけれど、いまいちハッキリした答えが返ってこない。

もしくは、考えられない…というお返事。


…心が折れそうですよね。


そんな時、皆さんはどうしますか。

・「新しい恋愛を見つけるんだ!」と次を探す

・何回でもアタックする


どちらも正解だと思います。

恋人を作る、結婚相手を探す、ということを目的とするなら、振られたことに拘っていては始まらないのも事実。その時はサッサと次に行った方が良いですね。


でも、告白した人のことがやっぱり好きだ、という気持ちが強いなら、もう少し粘るというのもアリだと思います。

ハッキリした答えが来ない事、振られたことに傷つき、自分の心がしんどくなるため、ついつい「もう、いいか…やめようかな」と思う気持ちは分かります。


でも、一回告白して振られたからといって、「わかりましたー」と諦めるのは、もしかすると早いのかもしれません。

「今は考えられない」というのは、「様子を見たいです」という意味かもしれないし、何らかの形で一緒に過ごしていくうちに、好意を持ってくれる可能性もあるからです。

(先ほどの、”好意を見せると、好意が返ってくること”ですね)


このことを言うと、「どんだけポジティブなんですか」と言われることがあるんですけど、やってみて損ってありますか?と思います。

意外と、結婚した人のなれそめを聞いていると、「最初は断っていたんだけど」とか「初めはお互い恋人にはありえない、と思ってたんだけど」という話を聞きます。

こちらが好きになるタイミングと、相手が好きになるタイミングが必ずしも一致しないものかもしれないです。


再アタックは、自分の中で期限を決める、回数を決める、などしてみるといいですね。

それでいても、恋愛感情というのは、変化するもの。

思っていたより、自分の気持ちが覚めてしまうかもしれないし、回数を越してでもアタックし続けたくなるかもしれません。

どちらにしても、自分の中で納得がいくようにすることが一番良いことです。


(もちろん、相手に結婚相手がいるとか、本気で嫌がっていたら諦めるほうがいいですので、ご注意を)


再アタックの方法ですが、心理学的に「断られた時がチャンス」という面白い説があります。


「付き合ってください」と告白して、NOを言われた時。

実はNOを言った側にも、少し「振っちゃって悪かったな・・・」という思いがわくそうです。

その時に、「じゃあ、付き合わなくてもいいので、一回だけランチに行ってくれない」というと、「それくらいは、してもいいかな」という気持ちになる、というのです。


振られた時は、ゴールを「付き合うこと」から、即座に「仲良くなること」にシフトチェンジをしてみる。そして、距離を縮めていく・・・くらいのポジティブ思考を持ってもいいのではないでしょうか。



いかがでしたでしょうか。

好きな気持ちを伝える時、出来れば笑顔で言えると、相手も嬉しい気持ちになります。

そして、「好意を持たれる」ということ自体、人間だれしも嬉しい事です。


皆さまの告白が上手くいくといいなあ、と思います。




愛の告白












最新心理学ブログはこちらです



☆お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

★近くで悩んでいる人がおられたら、カウンセリングという世界をお伝えください。

その一言が「一人じゃないよ」のメッセージになります。

 

 

こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara (HP) https://www.cococarawarm.com



今すぐ気持ちを聴いてもらいたい方(外部HP:https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/