top of page

【プチブログ】雨の思い出話

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


梅雨ですね。毎日、天気予報の確認が欠かせません。


本日のプチブログは、雨の思い出話です。


ある帰り道、駅を出たらすぐ、夜の雨の中を、傘が無いまま歩いている女子高生がいました。

気になりましたが、このご時世、声をかけるのって、とても勇気がいりますね。

学生さんや子どもに大人が声をかけるだけでも、現代は危険人物と思われるのではないか…。

昔だったら、気兼ねなく言えてましたけど。


でも、やっぱり目の前で濡れているのは気の毒で、思い切って、「一緒に入っていきませんか」と言いました。

女子高生はビックリしていて、「いいです!」と。


みなさんだったら、どうしますか?

やっぱり、一回断られたら引くのが今の常識なのでしょうか?(気にしすぎ?)


私は、「まあまあ」と言って、一緒に傘さして歩きましたが、今の時代、これが良いのか悪いのか。

『警戒してないかな…。怪しいものじゃありません』と、心中ドキドキものでした。


時間帯も、高校生が出歩く時間にしては少し遅めだし。

そして、方向が一緒なのは分かるけど、どこまで一緒に行けるのかも気になるし。


しばらく、しーーんとしていて、(「怪しくないよ」というのも怪しいし、)世間話を始めました。

「よく降りますねー。」

すると、女子高生ちゃん、いっぱい話をしてくれました。

『怪しんでないようだ…!』正直、ホッとしました(笑)。


遅かったのは、学校のイベントで残ってたため。

今日はスマホを先生が預かってしまって、親御さんと連絡が取れなかったそうで、仕方なく雨の中歩いていたそうなんですね。

イベントの次はテストもあるそう。

「ホント、大変なんです~!」と学校の話をしてくれ、楽しかったです。


10分ほど歩き、お迎えの場所が決まってるのでしょうか、明るいところまで送っていって、「イベント頑張ってください」と言って、お別れをしました。


ケースによるとは思いますが、今の時代は声をかけづらく、どうしたら良いのか迷ってしまう時が度々あります。

考えすぎて、取り越し苦労をしてしまっているかもしれません。

でも、困っている時は助け合う気持ちで接していきたいですね。



雨の日の傘



 

☆こころとからだのカウンセリングルーム「coco-cara」(大阪:難波)

ビデオ電話(zoom)や LINEのチャットで、心理カウンセリングを受けてみませんか?

 場所を問わず、お悩みを話せることが好評です。



★今すぐ気持ちを聴いてもらいたい方へ


 近くで悩んでいる人がいたら、お伝えください。

 その一言が「ひとりじゃないよ」のメッセージになります。



人によって、心の対策はケースバイケースです。

今回の内容が、今のご自身に合っていると思われましたら、ご参考にしていただければと思います。


Comentários


bottom of page