ピュアになってみよう

更新日:5月6日


こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。

ノート

4月、新しいドラマが始まりました。

今の流行はどんな感じだろう…と勉強気分で、色んなドラマの初回視聴しますが、やはり好みのものに注目してしまいます。

皆さんの、今シーズン推しドラマは何ですか?

私個人としての好みでいうと、熱血物が好きなので、「ドラゴン桜Ⅱ」です。


ドラゴン桜はⅠも見ていて、面白かったですね。

奇跡の俳優陣達でした。不良少女役の新垣結衣さんも綺麗でした。



【「熱さ」は「ピュア」】

近年版ドラゴン桜。

この桜木先生の熱さ、私の世代ですと、「良い、良い!!」と毎回感動しそうなのですが、今の若者たちはどう見ているのでしょう。

「うざ・・・」という感じなのでしょうか。(←偏見でしょうか、すみません)


ドラマの中でも不良少年たちが、熱く語ってる水野先生を「ピュア~!!」と言っておちょくっていました。

「熱さ」は「ピュア」ですよね。ピュアでなきゃ熱くなれない。


昔も今も、緩~く、締まっていなかった私の精神が、桜木先生の「喝」で奮い立ちます。

言ってることは当たり前のことなのかもしれませんが、私にとってはお尻を叩いてくれるメッセージ。



【自分を守ることからの脱却】

普段でも、頑張っています。でも、

「大人だから、こうしなきゃ。」

「こうした方が、早く間違いなくやれる。」

…こんな狭い捉われの中だけにいてることに気が付きます。


これも大切な事なのですが、ガツガツと熱中するときは、この思考は窮屈になります。

捉われなく動くことは、無駄な遠回りになること、失敗もつきものです。


ピュアでいるには、「自分を守る」ことから離れなければいけません。

この場合の「守り」は、やらないことへの理由付けになります。

熱中している時は、自分のことは考えていません。

やる事しか考えていません。


天野君が桜木先生に色々質問したりしていたのも、ある意味「やらない理由付け」。

そんな天野くんに「四の五の言わず、飛び込んでみろよ」。

その通りですね。

私も、やらないための理由を探していることはあり、身に染みるセリフです。



【自分で取り組んだからわかる「失敗じゃない」】

今回のドラゴン桜の中では、失敗から躓いた人物がいるようですけれど、それがこれから、どう作用していくのか。

Ⅰの時でも、みんなが東大に合格しませんでした。

でも桜木先生から「お前は失敗していない!」というようなセリフがありました。

それまでの必死の取り組みは、これからの自分に役に立つ、失敗じゃないんだ、と。


結果も大事。でも取り組んだ自分が大事。

これは、「自分で取り組んだ人」だから通用することであり、意味が分かる言葉ですよね。

「誰かがやってくれる」「結果が共わなかったのは、指導者のせいだ」と思う人には意味が分からないセリフかもしれません。


だから、今回桜木先生が「東大には誰でも入れる。でも自分が変わろうと思う奴でないと無駄だ」というようなことを言っていたのは、その通りなんですね。

これは、指導者としての逃げではなく、自分作りを目的とする勉強だからです。


今、このように熱く語ってくれる人が周りにいますか?

やる気の琴線に触れる言葉は、人によって違います。

本当は、このような言葉に触れなくても、やる気になれることが一番いいのかもしれませんが、きっかけは必要ですね。


自分を守ることを止めて、もう一度熱くピュアにやってみよう、と思わせていただいた初回でした。


#日常生活の心理学  #ドラゴン桜



最新心理学ブログはこちらです



☆お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

★近くで悩んでいる人がおられたら、カウンセリングという世界をお伝えください。

その一言が「一人じゃないよ」のメッセージになります。

 

今すぐ気持ちを聴いてもらいたい方・無料相談機関(https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/)

 

HP:こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara https://www.cococarawarm.com