今年の目標②「先延ばしにしない」

最終更新: 2020年12月7日

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。

今年の目標②です。

「先伸ばしにしない」


先延ばし。

やりたいこと、やらなければならないことを、すぐにしないことですね。

手を付けるのが嫌で、〇〇の後にしよう、とか明日からにしようとか。



【未完の行為】

自分なりに何らかの理由をつけて先伸ばしにしているわけですが、その分、心にためておく時間が長くなっているわけで、疲れてしまいます。

忘れているようで、心のどこかに「しなきゃ」があり、思い続けています。


心のからくりでも出てくるのですが、これは「未完の行為」といい、「心の中で終わっていないもの」という意味です。

皆さんの持つ”悩み”は、この過去の未完の行為(出来事)をひきづっているのであり、自分の中で終わっていないため、今悩みとして出てくるということなんです。


「この件に関しては完了した」と自分の中で腑に落とすと言いますか、納得できることが大切で、カウンセリングはこの旅をします。

できるだけ早い時間で、ピリオドを打ち、次のステップに行けるように。



【簡単なことから、すぐに完了させよう】

悩みは時間をかけて行っていきますが、日常生活の物事は、すぐに取り掛かれますね。


例えばラインの返信。

どうですか、みなさんはラインが来たら、すぐに返信する方ですか?

真面目な人ほど、きちんとした文章で打たなきゃ、ちゃんと時間をかけて考えなきゃと思って

返信することを、先伸ばしにします。

でも、心のなかでは、「しなきゃ」という思いがあるので、知らないうちに負担がたまります。

そして、「もう、なに書いていいのか分かんない!」と途方にくれたりして。

グループラインとかだと、どんどん話が進んでいて、どこから入っていけばいいのか分からなくなりますしね。

「遅くなってすいません」と、いらない謝り文もいれないといけないし。

困ったことだらけです。

もし、ちゃんとした文が今、打てないなら、

それをすぐ、返信したらよいのですね。

「メールありがとう。今忙しいので、後程連絡しなおします」と。

そこで、完了。

二度手間になるのではないですか?と、思う人がいるかもしれません。

でも、返信することに関しては、完了しているのです。

それからゆっくり考えればいい。

相手方も、こちらの状況が分かり、待ってあげようと忖度してくれます。

何もしないのが、自分にも相手方にも、しんどい思いが続く状態となるのです。



【紙に書き出すことで頭の中をスッキリさせる】

あれもしたい、これもしたいとたくさんしたいことがある場合。

ありすぎて、どうしてもできない事柄は、それを紙に書き出すだけでもスッキリします。

心と頭の中にためておくことが、しんどいんですね。

嫌だなと思うことこそ、先にします。

今年に入ってから、今のところ続いています(笑)

有言実行頑張ります。



そして、明日は七草粥を食べる日ですね。

年末年始で、食べ過ぎや飲み過ぎになっておられませんか。

昔の人はよく分かっていたのですね。

昨日、少し胃腸が弱っているかなと思っていたのに

少し無茶して食べたら、お腹を壊してしまいました。

すぐに治ったのですが、

やはり7日前後は自主規制しないといけないようです。

新年早々でしたが、健康診断に行ってきました。

年に一回、受けるようにすると安心です。

40歳を過ぎると、色々不調も出やすくなり、

早く見つけられるに越したことはありません。

今年1年、健康に過ごせるように頑張っていきましょう。


#日常生活の心理学 #職場・仕事の心理学 #恋愛の心理学 #先延ばし

#未完の行為



最新心理学ブログはこちらです



☆お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

★近くで悩んでいる人がいたら、カウンセリングという世界を教えてあげてください。その一言が「一人じゃないよ」のメッセージになります★

HP:こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara https://www.cococarawarm.com