• coco-cara

男性はつらいよ

最終更新: 8月16日

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


【男性って、つらいですね】

男性にも辛いこと、悲しいこと、腹が立つことがあると思います。

でも、女性より辛いだろうなあ、と思うところは、その感情を出せないこと。

差別ではないのですが、ここは性差があるように感じます。

女性でも、人前で泣くことを良しとしていない人もいますが、比較的、感情を出しやすい傾向です。

話をしているうちに、涙を流すこともあります。

逆に、男性は泣きたいとき泣けない。

そもそも、「泣きたい」とか「苦しい」「寂しい」ということすら感じてない場合もあるようです。


その代わり、「怒り」という表現で様々な感情を出すことのみ許している人もいるかもしれません。

怒り狂ってる人の中には、実は悲しみが隠れてることもあるのです。

また、愚痴だけで納めてしまうのも、感情を出すこととは別になります。



【男性に多い価値観の傾向】

男性は、「泣いたらダメ」「かっこ悪い」と思う傾向が強いです。


女性としては、「なぜ?」と思う方も多いかもしれません。

女性でも「何となく、男ってそうだよね」と思われる人もいるかもしれませんね。

でも、女性が何となく感じている100倍くらい、男性は「男が弱音を吐くもんじゃない」「男は泣いてはいけない」という分厚い価値観があるようです。


日常でしている、歯を磨くことや、ご飯は3食食べる、と同じくらいの、わざわざ考え直すこともないくらいの感覚なのです。



(男女関係なく)人間は、素直なの本音の気持ちを出せてないから、心が苦しくなるという仕組みがあります

現実ではどうしようもないことでも、自分が苦しんでいることを話し、受け止められるということがあれば、心は健康になります。


興味深いお話で、男性に「感情を出すことについてどう思いますか?」と聞いたところ、「出したところで、何があるのですか?」という返答が返ってきました。


「感情を出すことで楽になる、ということを知らないのです」

正直なお気持ちだな、と思います。


幼いころからの「男というものは泣いてはだめだ」などの価値観の刷り込みのため、感情を出してスッキリする、弱音を吐いて次に頑張る、という経験をしていないので、やってみよう、という気にならないんですね。

耐えることが良いとされ、その経験しかないとなると、そりゃ、そうなるよな、、、と思います。


その点、女性は泣くことを比較的許されるほうではあるし、愚痴や弱音も、学生の頃から友人たちと言い合う経験がある方なので、ハードルが低いのもあります。

感情を出しにくい女性でも、一度「出しても大丈夫かも」と思えると、素直になりやすいです。

その方が、本来心にとっては、良いことなのです。


環境によってそうなってしまう男性って、つらいものだな、、、と思います。



【まとめ】

もし、今苦しい気持ちになっているとしたら。

両天秤にとってみてください。

「楽になるための方法」か「かっこ良い自分のまま、苦しい方法」か。


会社や、世間一般では、「カッコイイ自分」でいてもいいですが、一か所だけでも「素の感情を出せる場所」があってもいいのではないでしょうか。

心を許せる相手(パートナー)には、出してもよくないでしょうか。


男性には少し、「自分の気持ちを言ってみる」ことを許し、楽になる方法をチャレンジをしてもらえたらな、と思います。

カウンセリングは、それを練習する場所でもあります。


#日常生活の心理学 #弱音を吐く #カウンセリング #男性 #価値観 #泣いてはいけない



最新心理学ブログはこちらです




~お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください~

HP:こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara https://www.cococarawarm.com

coco-cara ココカラ