保守的・挑戦的

こんにちは。カウンセリングルームcoco-caraです。


金魚鉢

あなたは、保守的な考え方が強いですか?

それとも、アグレッシブな挑戦者ですか?


答えに困りますよね。

こういう時は、挑戦できるけど、この時は保守的だわ…と思われた人もいるんじゃないでしょうか。

それが正解です。みんないつでも同じ選択をしていることはありません。

これは、人間がみんな持っている性質で、「女性性」と「男性性」と見ると分かりやすいです。



【保守的な女性性】

人間は、損したくない、今していることを変えたくない、という心理があります。

もともと備わっている防衛反応です。


たとえ現状が、辛くて苦しいことが起きていても、それを止めて新しいことに挑戦したり、違う考え方に変えることのリスクを考えてしまう。

慣れている物事に依存する、安定を求める心とも言えます。


苦手なことには特に、色々考え、悩み、決断が遅くなります。

そして、日常生活に流されてしまい、すべきことを後回しにしてしまいがちになります。

「このままでも不満がないから」「私が変わると、誰かが困るから」という理由付けをして、新しいことにチャレンジをしない事も。

(私も耳が痛いです・・・)


これは「女性性」で、女性は安定した家庭(家の中)を守るため、この保守性が強く出ます。

でも、この心があるため、慎重になり、暴走しないので、悪いことばかりではありません。



【挑戦的な男性性】

逆に「男性性」として、アクティブで、チャレンジをする性質も人には元々備わっています。

変化を好み、外に出て、戦いに挑む強さの心。

怖がらず、自分の思いを前面に出し、前に突き進みます。

昔、狩猟民族の男性は、家の外にでて狩りをし、家(家そのもの・枠)を外敵から守るための強さが必要なので、「男性性」が強く出ます。


良いことですが、ひとつ間違えば、自分勝手に暴走したり、思いのまま行動したり、周りを見れない行動に繋がります。



【使い分けることが重要】

あくまでもこれらは、男性女性、関係なく人間には存在する心です。

どちらが良い、悪いはなく、それぞれ良い面と悪い面を持っているということです。

「女性性」「男性性」については、この二つ以外にもいっぱいあります。

例えば、「協調的」「従順的」が女性性、「孤立的」「支配的」が男性性、という感じですね。


そして、人それぞれ持っている気質として、個人差で強弱があります。


一番重要なのは、自分の気質を把握し、発揮すべき時と場所でオンにする、そのコントロールが自分でできるということ。

何となく無自覚に、「挑戦的な部分が出ちゃった」ということがトラブルの元になります。

また、自分で保守的すぎるな、と思った時は少し変化にかけてみる、という捉え方も必要です。


世の中は常に進んでいて、一瞬も同じときは過ごせません。

自分はずっと同じなんだ、と思っていても、何もせずとも自分も変化し続けています。

気持ちだけが、ずっとこのままであり続けたい、と思ってしまう矛盾

少し、「今」の自分を受け入れてみませんか。


#日常生活の心理学 #保守的 #挑戦的 #男性性 #女性性



最新心理学ブログはこちらです



☆お悩みやご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください☆

★近くで悩んでいる人がいたら、カウンセリングという世界を教えてあげてください。その一言が「一人じゃないよ」のメッセージになります★

HP:こころとからだのカウンセリングルームcoco-cara https://www.cococarawarm.com