森田療法の本

April 15, 2014

今、神経症の本を読んでいます。

 

森田療法で有名な森田正馬さんの本です。

 

この中では、症状が神経症ではなく、神経質と出ています。

神経質って、人間性格の一つっていう感じですが、本当にそんな感じで

誰にでも当てはまると思います。

 

 

難しい題名ですが、わかりやすい例えがいっぱいで、面白いです。

こだわりすぎる神経質な人と、気にしなさすぎる意志薄弱(この表現も笑)な人との比較も面白い。

 

心理学を勉強していると、すべてがありうる感じもしてくるので、

「普通の考え方」と「悩みのある人(神経症)の考え方」の境目がわからなくなってくるときがあり、この本では「普通の人」の感覚もちゃんと書いてあるので、「そうそう、そうだった」などと、再確認したりして。

 

考えすぎてしまう人は一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

1/31(土)13:00~、プチカウンセリングが受けられるカフェ「こころカフェ」が開催されます♪

通常は心理カウンセリングを学べるスクールが、この日はカフェに変身☆

心理カウンセラーによる本格的カウンセリングを体験できます。

 

「エゴグラム性格診断」「箱庭療法」「カラー診断」「バウムテスト(木を描いて性格...

1/31(土)13:00~、プチカウンセリングが受けられるカフェ「こころカフェ」が開催されます♪

1/28/2015

1/10
Please reload

過去のブログ

10/28/2019

10/24/2019

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

coco-cara ココカラ