• coco-cara

初代西遊記が面白い


今、関西では西遊記のドラマの再放送をしています。

あの、堺正章さん、夏目雅子さん、西田敏行さん、岸部シローさんの、初代西遊記です。

子供の頃、好きでよく見ていました。

毎回ある、オープニングの孫悟空が生まれる下り、毎回見ても面白くて飽きなかったです。

大人になってから見ても同じく楽しめるだろうか、と思い、初回を見ました。

子供の頃の感覚が甦るとともに、大人でも違った面白さがありました。

すごく上手くできてるドラマの構成。

やはり仏教の教えの旅が題材になっているからか、しんどいことや人間関係のトラブルが分かってきた大人になってからみると、違った見方ができます。

子供の頃のコメディ冒険記ではなかったですね。

孫悟空の猿は、負けず嫌いで自己顕示欲の象徴、

猪八戒の豚は、色欲食欲など貪欲の象徴、

沙悟浄の河童は、冷血無縁の象徴で、

一行を率いる三蔵法師でさえ、堅物で修行を始めたばかりの未熟さを表しています。

決して、完璧なチームではないのです。

初回や2回目などをみると、なんとまあ、3人の弟子の傍若無人ぶりといったら。

でも、こんな人、回りにいるいる…という感じです。

人間の業を、みなさんがユーモラスに上手く表現されてるなぁ…と、引き込まれます。

これが、修行の旅でみんながどう変化していくが、見所です。

昔ですし、CGなんて本当にCGと分かるような作りなんですけど(一部絵だったりもする)。

それがまた味があって、いいんですよね。

そして、「それはまた次回の講釈で」という独特のナレーターと、言わずと知れたゴダイゴの主題歌も絶品。

楽しみのドラマです


coco-cara ココカラ