• coco-cara

悩みも必要


秋のさっぱりとした良い天気が続いています。

行楽の秋本番で、一日バス旅行とか、いいですね。

カウンセリングを受けに来られる方は、悩みがある方が来られます。

悩みがあるんです、と来られる方って、よく自分が分かっておられるだなと

最近感じます。

というのも、私自身も、うまくいかないことが直面していたり、心が苦しいというような

直接的に嫌なことがあると、悩みを相談するのですが、

ある程度大きなことが落ち着くと、結構上手くやっていけるんですよね。

そうすると、自分では分かっていない上手くいっていないことはスルーされてしまっていることが多い。

分かっていないから改善しようとしないんです。

当たり前ですね。

大人になると、周りもヤイヤイ言う人もなくなって、うまく世渡りができていくと、気づくことができない。

でも、よくよく自分を振り返ってみると、心の中に、何か表現できないけど違和感があったり、

我慢していることが見つかったりする。

我慢って、誰でもすることでしょ、悩むポイントじゃないよ。我慢できるのが大人でしょ。

と、思っていたこともあります。

でも、我慢しなくてもいいことまで、我慢をみんなしていると思います。

(絶対寝てはいけない仕事中に寝るとか、社会的に欲を我慢しなければならないこと。

これは、我慢しないといけませんね。)

でも、自分らしい感情を我慢することは、我慢のし過ぎで、どこかで吐き出さないといけない、とカウンセリングではみます。

ためすぎていたら、後でえらいことになります。

いけてると思っていても、ボタンの掛け違いのようにそのまま進んで、終わりになってきづく。

カウンセラーの私でも、カウンセリングを受けていく必要性があります。

人は、ほとんど自分のことに気付いていなくて、少しでも気づくことが自分らしい人生につながります。

上手くいっている時期こそ、少し丁寧に生活をしてみて、自分の本当の気持ちに気付くことが大切です。



coco-cara ココカラ