思春期のこども

更新日:2020年12月2日



思春期のお子さんを持ったお母さんの奮闘ぶりを聞きました(カウンセリングではないのですが)


気持ちのままに、嫌な言葉を言ったり、無視したりして困らせる。

お母さんには、甘えてしまうんですよね。

このお母さんも、子どもの態度が嫌で仕方ない、と言われます。

娘が憎いのではないのは、よくわかり、「なんでそんな言い方するの、素直にできないの」という意味でしょう。

思春期の子供は、このような態度があって当たり前とはいうものの、対応する側としては辛い。

親って、嫌な思い(けちょんけちょんに言われたり)をするために、子供を産むのか?って思ってしまいます。

ぼろくそに言われて、「やったね♪」とは正直、思えないですし。

その時期を乗り越え、大人に成長する姿を見られるのが、親の醍醐味なんでしょうね。

そこに行くまでが、親子ともども、苦痛の日々のようです。

そのお母さんを守ってくれるのが、だんなさんです。

夫婦ともに育児をする。

お母さんのことを分かってくれる旦那さんがいるだけでも、頑張れますよね。

(もちろん、お互い様のことですが)



自分の子供ではないので、ある程度冷静にそう思えるんだろうけど、

自分の子供だったら、親として怒り狂ってるかもしれません(笑)

身内では感情が勝ってしまいますものね。それも人間らしさかもしれません。