• coco-cara

不倫の末の気持ち・・・


カウンセラーは、人の気持ちの勉強に、ドラマや小説を見て(読んで)気持ちを把握する練習もしたりします。

あくまでも想像なので、答えはありませんし、演技の表現の違いなどもあるので、訓練の範囲ではありますが、役に立つものだと思います。

今日見たドラマは、サスペンスでした。

よくある、犯人は「裏切られた愛人が、不倫相手を殺す」というものでした。

7年間愛人として付き合っていた女性が、不倫相手が離婚したが、「結婚の約束はしていない」と言われて逆上した、という結末でした。

一般的には、「そんなことで相手を殺すか」とか「7年も期待して愛人でいられるものか」など、犯人の女性に同情的な感想はでにくいと思います。

もちろん、人殺しですから、それは犯罪なので許せないものです。

今回は、「殺したくなるくらいの気持ち」を感じてみました。

私も、犯人の気持ち、、、は、スッとは感じにくいものですね。

やっぱり殺人ですから。

好きで、男の口車を本気にして期待していた気持ち。

7年間の間に、「もうやめようかな」と思った時期もあるでしょう。

それでも、やっぱり男のことを信じて待っていた。

その男が簡単に都合の良いことを言った。

きっと、女性のほうも割り切って付き合っていたら逆上はしなかったでしょう。

やめようか、どうしようかなど、悩んだり今のままでいいのかという思いを

持ち続けていたからこそ、許せなかったんじゃないかな。

不倫ではよくある気持ちではあるし、不倫でなくても、思い悩んで

続けていて裏切られるということは、形を変えてみなさんにも経験があることではないでしょうか。

その時の悔しい気持ちは感じられるな、と思います。(言葉には表現しにくいですけども)

犯人は、「今までを返せ!」と最後に叫んでいました。

犯人の弱いところでもあり、本当に言いたいことであると思います。


coco-cara ココカラ