• coco-cara

伝える努力・聞く姿勢


Rich Text Editor

言葉を人に伝えるって本当に難しいと思います。

台本が決まっていて、マニュアル通りに読んだとしていても、

相手はその通りに通じているかというと、通じていないことのほうが

多いのではないかと思います。

というのも、最近伝える側として、痛い目にたくさんあっての反省です。

聞く側が、言うことを真剣に理解をしようとして、気持ちを汲み取って・・・という

努力をして初めてマニュアル通りに伝わる、という感じがします。

なので、ボーっと聞いていたり、緊張して聞いていたりすると

聞く側の都合のいいようにとることが多く、後でそんなつもりではなかった!という惨事になるのです。

伝える側も、自分の解釈で「こう言えばわかるだろう」と思っていては伝わらないことが多いです。

間違って相手に伝わっていた場合は、

「マニュアル通りに言いました」と主張しても、言えてないのです。

伝える側の醸し出すニュアンスで、相手にスルーされていたり、強く響かなかったりするのです。

読んでいるだけでは伝わりません。伝えようと努力して伝わります。

コミュニケーションは、お互いの共同作業です。

一生懸命伝えようとすれば、聞こうという気持ちが生まれ、わからないことは聞こうと思える。

ボーっと聞いている様子は、話したくないなという気持ちを起こさせます。

相手はどの位置かはわかりませんが、まず、自分から伝える努力・聞く姿勢をもってコミュニケーションをしてみませんか。



14回の閲覧

coco-cara ココカラ