• coco-cara

冷静な目


家に帰ると、父親がイライラしています。

「ビデオが動かへん」と。

昼間に部屋の模様替えをしたところ、テレビとビデオ(ブルーレイですね)のケーブルを抜いてしまったようです。

元のように戻したそうなのですが、いざビデオを見ようとすると、「信号が出ない」という表示がでたままで、いつも通り録画を見れなくなったそうなのです。

急いで説明書を見ると、確かにちゃんと接続はしてある。

でも、端っこに「映像が映らない場合」の対処の仕方が載ってあります。

「一回、このようにしてみたら」とアドバイスをしてみたら、何と、直ったのです。

昼間から、夜まで何回もケーブルを抜き差しし、ホコリをとり、父親なりに頑張ってみたのに結局だめで、余計腹が立ち、イライラしていきます。しかし、ものの5分でちょっとした方法で直ったことに、わらけるやらあきれるやら。

私も苦手なパソコンで、うまく動かなかったとき、イッライラします。そんな時は、説明を読んでも目に耳に入って来ないんですよね。

そんな時は、冷静な第三者の目。直接関係ない人の冷静な判断で、新たな気づきがもたらされるものなんですね。

二人でそんなことを話していました。

渦中にいる人は気づきにくいものなんです。


coco-cara ココカラ