• coco-cara

LINE中毒


LINE中毒だな~と実感しました。 いつもLINEでやり取りする方が、突如退室されたのです。 びっくりして、あわてました。 連絡を取ろうとすると、トークの画面では「メンバーがいません」表示が・・・・ こちらは履歴が残っていますので、内容を見ると間違いではなく、ぽつんと「○○さんは退室しました」となっていました。 ぽっかり穴があいたような感覚になってしまいました。 メールで連絡をとりましたが、スマホのメールは相手に届いていなくても、こちらにはエラーで返ってきませんので 本当にちゃんと相手に伝わっているかは不明です。 こんな時に限って、電話も呼び出し音ばかり。 先方とはお話ができ、「LINEは関係が希薄になるから止めた」との理由だったそうですが、 いつもの連絡手段を何も言わずに排除するか?と、一抹の不安がよぎります。 「LINEは止めるから、メールで連絡してね」と一言言ってくれたらいいのに・・・と。 また、LINEでいつもやりとりしているから、相手のメルアドを登録していなくて、急にメールを送ったら誰だかわからなくて 迷惑メール扱いをしてしまった、ということも聞きます。これもよくありがちですね。 確かにLINEで繋がっていると、メールは必要ないですが、片方が認識があり、片方が認識薄いとトラブルの原因になります。 昔はメールもLINEもなく、必要でもない人にでも電話番号(家の)を教えていましたよね(電話帳しかり)。 そのために、「どうにかすれば連絡が取れる」と安心できたものです。 今は、相手がLINE一つ退会しただけで、あわあわと慌てふためく始末です。 確かに「関係が希薄になる」ために、執着している証拠だと思いますね。

#心理カウンセリング

coco-cara ココカラ