• coco-cara

入院!一つずつ嬉しい事を喜ぼう


父が手術・入院をしました。 おかげさまで比較的スムーズに回復しているのでは、と思います。 手術前に今後の予定と渡された2週間分のスケジュール。 1か月の入院予定ですが、あっという間にこのスケジュール分(半分)が経ってしまいました。 術後は、予定通りに進んでいる部分と、まだ回復できてない部分もあり 父は一喜一憂しています。 私も当人の立場でしたら、「予定通りにいかないなんて、まだなんか悪いの?!」と 不安になっていると思います。 主治医に、「同じ手術でも1週間で色んな管を抜ける人と、2か月経っても抜けない人がいる」と 聞き・・・少し安心したような・・・? 同室の方は、後で手術したのに父より早く管が抜けているようで・・・不安になってる。 また別の同室の方は、父より早く入院されていて、いまだ退院の様子もなく・・・そういうこともあるもんなあ。。と不思議そう。 毎日色々考えているようです。 こんなにしっかり父のことを見る事もないので、毎日の様子で色んな発見があります。 1日3食の病院食はしっかり普通食で、おいしいらしく、ニコニコ食べています。(好き嫌い言うてるけど) 入院中、私たち家族の仕事は、一緒に応援すること。 「今日のご飯、おいしそうやん!」と、ご飯の時にお見舞いに行き、喜んでいます。 嬉しい事を一つずつ信じて、喜んでいこ! 我がまま言ってる時もあるけど、「どんな人でも、こんなに痛い時やしんどい時は、赤ちゃんみたいになるよなあ」と話してました。 本当に、お世話をしていただいている看護師さんやスタッフの方々には頭が上がりません。

#心理カウンセリング

coco-cara ココカラ