• coco-cara

力を抜くこと=死・・・?


先日のマッサージセッションを受けられたは、コリがとてもひどくて、辛い方でした。

コリと言われる筋肉のゴリゴリもヤワなものでなくカチカチでした。

また、やわらかい筋肉の奥深くに固いしこりのようなものもあり、

マッサージをすすめるごとに、表に出てきてくれました。

マッサージをしながら特に固い部分をほぐしている時に、「息を吸って、力を抜いてみてください」と声をかけさせていただきました。

「力がぬけません・・・」「どうやって抜いたらいいんですか」とおっしゃいます。

日ごろも、力を抜かず、一生懸命ふんばっておられるのでしょう。

また、コリをほぐしている時に起こる痛みも、深呼吸ができたら痛みも和らぐのですが、常に息を止めてグッと踏ん張る癖がある人は、息の抜き方がわからず、余計に痛くなって、つらいです。

一生懸命我慢して頑張る様子を「踏ん張る」と言いますが、本当にこういう方は、脚がこりこりです。前太ももも意外とこっているものです。

ゆっくりほぐしていくと、痛みもとれてきます。

マッサージベッドの上で直立不動だった身体は、終わった後はベッドの形になじんでいます。足の下に置いていた、枕の形に沿うくらいの柔らかさに。

マッサージ中、腕や脚、胴も持ち上げたりするのですが、身体が固い時は重く、

ほぐれてくるにつれ、軽くなってくるのが分かります。

3日後に、「今も身体が楽です」とのお声をいただきました。

お電話での声も明るく、良かったです。

ステップを踏んで、心癖の方もみていきましょう。

力を抜くときは死ぬ時だ、くらいの勢いで一日中、全身に力をいれておられるかたがいらっしゃいます。

安心した中で心身ともにほぐれ、自由になっていることを実感いただけたらと思います。

#ボディカウンセリングマッサージ

coco-cara ココカラ